webライター初心者のリアルな数字をお伝えします。最初の2カ月でいくら稼げたのか/クラウドワークスの歩き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤い葉っぱ

webライターのkayokoです。

皆さん、「クラウドワークスでライターして稼げるの?」と思っていませんか?私も始める前にもしリアルな数字が見られるところがあれば、見たかったと思います。

動画などでは「クラウドワークス始めたばかりで月5万!」とかあるけど、あれって本当?と思いますよね。本当に人それぞれなので、そんな人もいると思います。ただ、それが話題として成り立つということは、そうできている人は少ないということです。誰でも月5万稼げるのならわざわざ動画にしないでしょう。

と、言うわけで

・50歳

・webライター初心者

の私がリアルに稼いだ金額を大公開です。

2020年8月の歩き方

クラウドワークスの記録によると(自分では覚えていないw)8月22日に最初の報酬が入っているので、そのくらいにクラウドワークスの登録をしました。

その最初の報酬は簡単なタスクでした。とりあえずクラウドワークスがどんなものかわからないし、実績もないので簡単なタスクをしてみました。記録を見るとタスクを続けて5件しています。タスクはすぐ終わるのが多いので簡単にできます。

簡単にできるからこそ、報酬は雀の涙です。18円とか、9円とか、27円とか。実績にはなりますが、これはすればするほど自分が疲弊する類のものだと感じました。しかし、とりあえずの実績作りにはいいですよ。そして、「ああ、こういう流れになっているのか」もタスクを通じて何となくわかりました。

そんなタスクをしながらの8月22日から8月31日までの報酬は5,220円でした。「どうして9円とかで5,000円?」と思う人もいるでしょう。もちろんそんなちまちましたのでは永遠に5,000円には到達しません。一つ、脱毛サロンの覆面調査員という仕事をゲットできて、それが5,000円でした。言い換えると、その案件がなければ220円ということになります。

ちなみに、タスクも併せて8月は20件応募しました。

2020年9月の歩き方

さて、9月です。9月と言っても初めて10日ほどのひよっこです。9月は11件応募しました。9月の報酬は10,062円でした。

クラウドワークスにはいろいろな案件がありますが、8月9月とやみくもに応募して分かったことは、時々詐欺みたいなものもあるということです。いい条件で引き付けておいて、応募したら「その案件は定員になりました。他にもお仕事紹介しますのでこのラインに登録してください」などとメッセージが来るのです。

2,3回こういうのに出会い、出会うとがっかりしてしまいます。その後応募するときは、募集している側の実績や評価を見るようになりました。一つカシコクなりました。

9月の応募件数が8月に比べて少なかったのは、テストライティングやその他のことで、応募する時間が少なかったからです。

クラウドワークスに登録していると、時々「スカウト」といって、依頼する側から「このお仕事どうですか?」と連絡が来ることがあります。このとき本当にひよっこの私になぜスカウトが来たのかわかりませんが、1件スカウトをいただいて、テストに合格し、今も継続で書かせてもらっています。

9月の印象的な出来事

9月はもう1件テストライティングに合格したところがありました。副業に関する記事作成ということで、テストライティングに合格してもさらにテストで5本書いてくれと言われました。締め切りがきつく、1本5,000字から6,000字で、48時間以内に提出でした。

確かあれはシルバーウイークのころ…お休みも家族との時間も返上して、とにかく書きました。そして5本書いた時点で、あっさり「さようなら」と契約終了。しかも今まで連絡を取っていたchatworkの連絡先もきれいに消されていました…

もちろん、お金はクラウドワークスの制度上先に仮払いされるので、お支払いされたのですが、あちらの対応の感じが何となく不誠実な感じがして、この案件はむなしかったですね(笑)

時給にしたら割が合わない

初めてすぐに思ったのですが、この仕事は本当に割に合いません。

初心者なので、特に割に合わない。

朝から晩まで書いていて、時給換算したら、私の時給はいったいいくらなのかとぼうぜんとします。

コンビニで働いた方が確実に稼げます!

しかし、なぜ続けているかというと、人によって理由はさまざまでしょうけど、私の場合は「書くのが好きだから」。ブログにしろ、公式LINEにしろ、誰に頼まれたわけでもなく、仕事でもないのに、書きます。宝くじが当たっても書くことはやめられません。

そんなに書くのが好きなので、仕事にもなり、文字の単価が上がれば「普通に」収入になるかもしれないし、自分の書く勉強にもなり、ということで私にとってはこの仕事はメリットが多いのです。

まとめ

と、言うわけで、いかがだったでしょうか。リアルな数字をどうとらえたでしょうか?きっと、もっとすごい人は最初から何万とか稼ぐのでしょうが一般人の私にはこれくらいです。

「なるほどね。それくらいね」と一つの基準にしてもらえれば、と思います。

また、10月から12月の報告もそのうちしますので楽しみに待っていてください。

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す

*